The Power Comes from Inside

WOMAN AT NISSAN

  1. HOME
  2. MEET OUR PEOPLE
  3. WOMAN AT NISSAN インタビュー1

WOMAN AT NISSAN

誰もがポジティブに、大きく成長できる。
それが日産で働く魅力です。

客観的かつ現実的な数値から未来を予測

幼少期に高齢で運転免許証を取得した祖父がドライブを楽しむ姿を見て、生活にわくわく感を与えるクルマの力を知り、また、高齢者含め、さまざまな人の運転をサポートする自動運転技術に興味を持ちました。安全・確実に移動できるクルマ社会を実現するためには、自動運転技術の進化が不可欠です。“日産で自動運転技術に関わる仕事がしたい”。そんな思いで日産の門を叩きました。現在、私はビジネス&データサイエンス部で、日産の国内事業におけるクルマの販売台数、シェア、収益等に関する予測数値の策定を担当しています。具体的には、クルマの販売を担う営業部門と市場調査・販売促進策等を担うマーケティング部門と共に、販売実績、国内の経済状況、自動車業界の動向等、あらゆるデータを分析し、クルマの出荷/販売台数・収益に関する客観的な予測数値を提示します。また、営業・マーケティング部門が掲げる目標数値を検証・評価し、よりストレッチした、努力により達成可能な数値を各部門や経営トップに提示しながら、日産の国内販売の目標をつくる仕事に携わっていることに、大きなやりがいと誇りを感じています。

データ分析の専用ツール開発にも参画

予測数値の高精度化はビジネス&データサイエンス部の永遠のテーマです。私は、予測数値のさらなる高精度化に向けた、データ分析の専用ツール開発プロジェクトにも参画しています。近い将来、データの取集・分析を専用ツールに任せ、スタッフは、より緻密な数値の検証・評価を行うことが可能になることでしょう。また、日産では、クルマの販売現場を実体験することで、お客様のリアルなニーズを把握し、本社で策定した戦略がどのような効果を発揮しているのかを確かめるチャンスも用意されています。一定期間、販売店へ出向する研修制度もそのひとつです。私も昨年の半年間は、神奈川県座間市内の販売店でクルマの販売業務に携わりました。この研修を通じて、本社では得られな貴重な経験や知見を重ねることができました。また、女性同士や家族連れで販売店を訪れるお客様が予想以上に多く、男性はもちろん、女性の感性やニーズに応えるクルマづくりの重要性を実感しました。今後は、女性のライフスタイルとカーライフの関係性を各種データから分析・検証し、より効果的な販売戦略の構築・実施に貢献していきたいと考えています。

日産にはチャレンジングなフィールドがある

日産には、オープンマインドな社風があり、部門を越えて相談に乗ってくれる上司・先輩が数多くいます。先日、毎月経営トップに提出する出荷台数の目標数値を、他部門の課⻑に報告したところ、提出方法やプレゼンテーションのポイントまでアドバイスを貰いました。また、産前産後休暇・育児休暇・短時間勤務など、女性社員のライフステージをサポートする制度はもちろん、男性社員も育児休暇を積極的に取得できる環境も整備されています。これからの時代、男性社員の育児休暇取得率も企業価値を測るポイントのひとつになると思います。その点においても、日産は一歩先を走っているといえるでしょう。職種別採用の導入を見ても明らかなように、日産には、やりたい職種を自らの意思で選択できる、チャレンジングなフィールドがあります。性別、国籍を問わずポジティブな姿勢で仕事に取り組みながら、⼤きく成⻑できる、それが日産で働く魅力だと思います。

私のプライベート

先日、会社方々と一緒に、生まれてはじめて釣りにチャレンジしました!初心者なので釣れると思っていませんでしたが、意外にもたくさん釣ることができ、とても楽しかったです!釣れすぎた結果、一週間焼き魚を食べ続けることとなってしまったので、今度は、釣った魚をさばき、おいしく調理することにもチャレンジしたいです!

GOING FURTHER

/